ウインドウフィルムのお手入れ方法・施工後の注意
ウインドウフィルムの汚れは、柔らかいタオルなどで一定方向へ拭いてください。
ブラシ、硬い布、研磨剤を含んだものはウインドウフィルムの表面を傷つけるので使用しないで下さい。
フィルム面の汚れが取りにくい場合には、中性洗剤(濃度1〜2%)を使用して下さい。
ウインドウフィルムにアンモニア系洗剤や有機溶剤は避けて下さい。
ウインドウフィルム面に継目があるときは、継目に沿って拭いて下さい。
窓ガラス清掃用のスキージーを使用する場合は、水に中性洗剤(濃度1〜2%)を入れ十分に濡らしてからご使用ください。硬い部分がフィルムに接触しないようにご注意ください。

ウインドウフィルム施工後のご注意
ウインドウフィルムを施工後1〜2週間、防犯フィルムは1ヶ月間は、窓ガラスとウインドウフィルムの間の水分がまだ乾いておりませんので、触らないようにしてください。
冬期や北面は、窓ガラスとウインドウフィルムの間の水分が乾くまで1〜2ヶ月(防犯フィルムは2ヶ月〜3ヶ月)かかることがあります。
ウインドウフィルム施工後しばらくの間は、ウインドウフィルムの一部に白い濁りが現れたり、外の景色がぼやけて見える場合がありますが、施工時の窓ガラスとウインドウフィルムの間の水分が完全に乾燥するときれいになります。

●虹彩現象 室内の蛍光灯などの映りこみで、窓ガラスに貼ったウインドウフィルムが虹模様が見えることがあります。
これは、ウインドウフィルム表面のハードコート処理によるもので、ウインドウフィルム不良によるものではありません。

ウインドウフィルム日常のご注意について
ウインドウフィルムに傷をつけたり、劣化させないことが、長い期間ご使用いただくためのポイントです。
住宅のガラスフィルムの耐久年数は、10年前後とお考え下さい。
次の点にご注意下さい。
ウインドウフィルムはハードコートしてありますが、硬い物や、とがった物を当てないようにして下さい。
ウインドウフィルムにたばこの火、その他の高温熱源を近づけないで下さい。
ウインドウフィルム面にマジックなどの油性インクで書かないでください。
ウインドウフィルムにポスターなどをセロハンテープで貼り付けたり、粘着剤を使用した物は 貼り付けないで下さい。

特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | 相互リンク | 海老名ハウスクリーニング